革命的cinema同盟

名作お断りのB級からZ級のゴミ映画サークル 文学フリマ・ツイッターで活動中

短編小説『最終第六感計画』内容紹介

最終第六感計画

 

キェーイ!はらわたを見せろ!うわ、何をする。ぎゃあ、ヤメロ。

f:id:andou_harumi:20190430175825j:plain


文学フリマ販売価格:500円(Booth価格:600円)

ページ数:40ページ程

発行者:こめでぃうむ

執筆:オー・ハリー・ツムラ 原案: 伊藤チコ(当時は安藤名義)

andou-harumi.booth.pm

.

※試し読み付

内容

【ガールズ&パンツアー版サイコサスペンス】

その夜、一人の少女が死んだ。 田舎町を舞台にホラー映画の文法に則って遂行される、映画『スクリーム』見立て殺人事件。 ただしこの世界では犯人も被害者も探偵役も、誰もがひとつずつ、なんらかの映画に基づいた「能力」を持っていた。

JKたちはホラー映画のお約束から無事逃げ切ることはできるか?殺戮の果てに明かされる驚愕の真実とは…そして誰もが予想だにしなかったありがちなラスト!

※本書は文学フリーマーケット出店サークル「れうにおん」の機関誌「こめでぃうむ」(短・中編集)に掲載された中編小説です。 他の掲載作品につきましては「れうにおん」のブログをご参照ください。 http://reu2on.blog.fc2.com/blog-entry-4.html

 

これはちょっとマニアック。『スクリーム』『最終絶叫計画』『ガールズ&パンツァー』がお好きな方には会うかもしれない。そんなニッチな作品。『アタック・オブ・ザ・パルプシネマ』に登場した『cinemaの能力』の初登場作品。所謂前日譚(関連性は他はないよ)。

結局どんな話か。簡単にいうと、

シリアルキラーがJKにボコボコにされる話なのです。ん、大丈夫。ちゃんとシリアルキラーは仕事してJKを殺すので。

今思えば、もう少し、スプラッターな話にしてもよかったかなと思いますが、二次創作な点もあるので、この程度に抑えてよかったかもしれないと思う、この頃…

 

でも、思うのです。

いつかスプラッターをやってみたいなと…

とにかく血しぶき飛び散り、阿鼻叫喚の、古き良き、中身のないスプラッターを…

短編小説『ガールズ&キネマーズ』内容紹介

ガールズ&キネマーズ

難問、奇問、悪問、愚問。総問70問のカルトクイズ。あなたは何問できるかな?

3割合格であなたも映画博士だ。

f:id:andou_harumi:20190430173646j:plain

文学フリマ販売価格:500円(Booth価格:600円)

ページ数:40ページ程

発行者:こめでぃうむ

執筆:オー・ハリー・ツムラ 原案: 伊藤チコ(当時は安藤名義)

andou-harumi.booth.pm

.

※試し読み付

内容

前代未聞の映画クイズ小説。高校入学した安藤は映画部に入るも次々部員が退部してしまい一人になってしまった。大会が始まるのに部員不足。姉二人を口説き落とし大会出場するも前日に姉二人は喧嘩をしてしまい…

カルト映画クイズ70問の果てに、3人は絆を取り戻せるか?

※本書は文学フリーマーケット出店サークル「れうにおん」の機関誌「こめでぃうむ」(短・中編集)に掲載された中編小説です。

他の掲載作品につきましては「れうにおん」のブログをご参照ください。 http://reu2on.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

 

どんなクイズかって?

例題いくよ

例1 次の内『連れを起こさないでくれ。死ぬほど疲れている』など名言の多いアクション映画を選べ

①『ターミネーター

②『ロッキー』

③『コブラ

④『コマンド―』

例2 ジョニー・デップティム・バートンのコンビ作、公開順に並べよ。

①『シザーハンズ

②『エド・ウッド

③『スリィーピー・ホロウ』

④『チャーリーとチョコレート工場

例3 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』の美点を200文字以内でまとめよ。

こんな感じの問題です。あん、当時はまだゴミ映画に汚染されていなかったので、取り上げる映画は一般的な作品が多いんだよね。

 

 

 

評論『パルプシネマの倫理と愛好家の精神 -つまらない映画の傾向と対策-』内容紹介

パルプシネマの倫理と愛好家の精神

-つまらない映画の傾向と対策-

Z級映画専門情報誌 B to Z第2号)

ビデオ屋さんに行くと、変なタイトルの作品・どこかで見たことがあるパッケージの作品がたくさんあります。本当にたくさんあります。

そう、映画が誕生して100年以上、星の数よりも遥かに多い、ヘンテコでつまらない映画がたくさん生まれました。

1本の名作に対して10本以上のひどい映画が生まれていると言われます(知らないけど)。

ここで革命的に考えましょう。

そういうつまらない映画を楽しむことが出来たら、人生はたぶんハッピーになります。

そんなわけでつまらない映画の入門書を当サークルでは創造。2019年5月の文学フリマ東京で頒布致します。

f:id:andou_harumi:20190331203653j:plain



文学フリマ販売価格:500円(Booth価格:600円)

ページ数:P74

発行者:革命的 cinema同盟

編集:デルモンテ岡村 執筆:オー・ハリー・ツムラ 表紙・原案: 伊藤チコ

印刷・ 製本:ちょ古っ都工房様

初版第1発行: 2019年 5 月 6 日

andou-harumi.booth.pm

Chapter1 パルプシネマってなんだ

主にB級映画の歴史を駆け足で紹介。

 B級映画ってそもそもなんだ?今のトレンドってなんだろう?

 目次:ハリウッドとB級映画の誕生/B級映画の滅亡と復活/現代B級映画とパルプシネマ/今日も今日とて騙されよう

Chapter2 パルプシネマの探し方

 ビデオ屋に行くと無数の映画があります。適切に作品を選ばないと、うっかり名作をレンタルしてしまいます。的確にハズレを引くための方法を本書でレクチャー。

 目次:名作をたくさん見よう/マメに調べよう/配給会社を見てみよう/続編を借りよう/パッケージ・タイトルで選ぼう/お金と時間と体力を充実させよう

Chapter3パルプシネマのジャンル傾向

 無数の作品が世の中にあり、無数のジャンルもこの世にはあります。そこで、筆者独断の見解で、パルプシネマが多そうなジャンルと初心者向けの作品をレビュー。

 目次:サメ映画『ジョーズ』『デビルシャーク』

    ゾンビ映画ロンドンゾンビ紀行』『ヘルドライバー』

    忍者映画『忍びの国』『アフロ忍者』

    ホラー映画『スクリーム』『女子高生チェーンソー』

    パニック映画『アタック・オブ・ザ・キラートマト』『尻怪獣アスラ』

    カンフー映画『小林サッカー』『片腕カンフー』

    マカロニ・ウェスタン『夕陽の用心棒』『荒野の無頼漢』

    日本映画『新幹線大爆破』『ロボゲイシャ

    パロディ映画『最終絶叫計画』/実写映画『模倣犯

Chapter4パルプシネマ観賞記

 初心者愛好家が睡魔と涙で記した強敵たちとの戦いの歴史。全米が、寝落した!

 目次:『インデペンデンス・デイ リサージェント』『魔の巣』『恐怖!キノコ男』

Chapter5メタルマンの人のこと

 現代日本ビデオ屋で跋扈する愛好家たちは全てこの人の影響下にあるといったら大げさかな? でも、私たちはあなたの生徒です。先生ありがとう。あなたが教えてくれたゴミの味を忘れない。 そんな先生への贈る言葉

 

さあ、本書を片手にビデオ屋に行こう! 

評論『エド・ウッド 親愛なるサイテー監督の世界』内容紹介

エド・ ウッド―親愛なるサイテー監督の世界-

Z級映画専門情報誌 B to Z創刊号)

史上最低の映画監督エド・ウッドの評論。彼の人生と作品の解説、28人出演者たちの経歴、そして死後の再評価の動きを本書で論じていく。ティム・バートンの伝記映画『エド・ウッド』の解説や史実と相違のある点を洗い出していく(それでも名作だから買うんだ)。

f:id:andou_harumi:20181106184713j:plain

文学フリマ販売価格:1,000円(Booth価格:1,200円)

ページ数:P180

発行者:革命的 cinema同盟

編集:岡村鉄平 執筆:オー・ハリー・ツムラ 表紙・原案: 安藤ハルミ

印刷・ 製本:ちょ古っ都工房様

初版第1発行: 2018年 11 月 25 日

andou-harumi.booth.pm

Introduction

本章ではエド・ウッドの概略、本評論を執筆するに至った背景を記す。

他主要参考文献の紹介を行う。

Chapter1 サイテ ー監督の前半戦 1924 -1960

本章では、エド・ウッドの生誕から1960年『邪悪な衝動』を撮影するまでの前半生を記す。一般的に周知されているエド・ウッドの活躍はこの時期になされている。いわゆる全盛期である。この時期に撮影された『プラン9・フロム・アウタースペース』は彼の代表作となっている。

Chapter2 ゴミ映画 前半戦  レビュー 

本章では彼の前半生に撮影された映画のレビューを行う。レビューはネタバレを含むものとなっているので注意いただきたい。

○レビュー作品

1『グレンとグレンダ』

2『牢獄の罠』

3『怪物の花嫁』

4『プラン9・フロム・アウター・スペース』

5『ナイト・オブ・ザ・グールズ』

この中で、『牢獄の罠』はマカロニ・ウェスタンで有名なマカロニ映画(イタリア商業用娯楽映画)、『プラン9・フロム・アウター・スペース』についてはゾンビ映画との関係性についても論じている。

Chapter3 エド・ ウッド ファミリー

本章ではエド・ウッド作品に登場した俳優たち28人の紹介を行う。 

Chapter4サイテー監督の後半戦 1961 -1978 

本章ではエド・ウッドの晩年を描いていく。晩年の彼の活動はポルノ映画とポルノ小説が主だった。貧困に苛まれて死んだ。その死の日までをたどっていく。

Chapter5ゴミ映画レビュー 

本章では彼の晩年に撮影された映画のレビューを行う。レビューはネタバレを含むものとなっているので注意いただきたい。

○レビュー作品

1『死霊の盆踊り

2『X博士の復讐』

3『ネクロマニア』 

この中で『死霊の盆踊り』は総勢10人の踊り子のダンスが意味しているところを解説した。

Chapter6 サイテー監督の延長戦 1979-現在 

本章ではエド・ウッドの死後の動きについて記していく。再評価のきっかけとなった『ゴールデン・ターキー・アワーズ』、『エド・ウッド』の製作背景を記していく。

Chapter7 ゴミ映画 延長戦レビュー 

彼の晩年の遺稿となった脚本を映像化した『クレイジーナッツ/早く起きてよ』をレビューする。

Chapter8 伝記映画 『エド ・ウッド 』

ティム・バートンの伝記映画『エド・ウッド』をレビュー・解説を行う。また本作の再現度合いについても結構ねちっこく検証していく。

Chapter9総評

本書の総括を行う。

Conclusion

あとがき。

評論『エド・ウッド サイテー監督の世界』を第27回文学フリマ東京にて発売します

お久しぶりです。安藤です。

ようやく先日、評論『エド・ウッド サイテー監督の世界』を脱稿いたしました。もっとも、お試し印刷で、これから調整しなければならないんだけれども。

f:id:andou_harumi:20181020200841j:plain

前回に引き続き、史上最低の映画監督エド・ウッドが題材です。

エド・ウッド - Wikipedia

彼の説明はこちらをご確認ください。

前回は創作の中で彼を題材にしましたが、よく考えた結果、もっと彼について記さねばならないことがたくさんあるだろうということになり、二回続けて同じ題材はどうかなと思ったけれども、チャレンジしました。

 

前回初めて出店した時の課題点を一個ずつぶっ潰し、先行研究にはない資料や視点を盛り込んで、判断は皆様にお任せいたしますが、我々としてはベストな一冊を上梓させていただきました(こういう言い方、怖いね)

 

この史上最低の映画監督、名前のわりに書籍が案外少ないのです。

ティム・バートン監督の伝記映画:エド・ウッド (映画)

・『映画秘宝 エド・ウッドとサイテー映画の世界』(洋泉社、1995年)

・ルドルフ・グレイ(著)、稲葉紀子(訳)『エド・ウッド 史上最低の映画監督』(早川書房、1995年)

・映画の本の本〈2〉 | 重政 隆文 (2002年)

・興行師たちの映画史 エクスプロイテーション・フィルム全史 | 柳下 毅一郎(2003年)の一部

 

このくらいしかないのです。もう16年以上も前の本です。他にもあるかも知れませんが、見つけることができなかったり、絶版喰らっていたりで、読むことができなかった。

そもそも、エド・ウッド単体の評論って殆どないんですよね、ほとんど。大体が映画の評論の一説に書いてあったりするので、本のタイトルだけではわからないのです。

特に『映画の本の本』なんて、図書館をいくつもはしごして、近所の大学の隅っこにあったのを見つけたのはうれしかった。資料集めが一番大変でした、ホント。

なので、自分たちで作ってしまいました、専門の本。

無いんだったらつくっちめえ。

地方住まいなので、こういう時の資料集めは本当に大変です。ネットで買いたくても買えないし、何分低予算サークルなので、予算が……。売り子のボスが上京するので、神田の古本屋を回ってもらおうかしら。

 

本書では、従来のエド・ウッドのイメージとは少し異なる印象を受けるかもしれませんし、彼のゴミ映画が、ただのゴミ映画ではなかったことも私たちは本書で主張しています。

彼の映画は、LGBT映画でも、マカロニ映画でも、ゾンビ・SF映画でも、ポルノ映画でも、何らかの先駆的な意味を持っていました。何らかの点で彼の映画は革新的なものがあったのです。そしてすべての作品にエピソードがあり、ただのゴミ映画として、鑑賞するにはあまりにももったいない。

なので、買うんだ、みるんだ、レンタルしよう!とにかくエド・ウッドの作品に金を使うんだ!そうすれば配給会社が儲かるものと判断して、日本未公開の彼の作品がもっと増えるかもしれないんだ!今すぐゲオに行こう!

ネタバレZ級映画「おっぱいゾンビ」同じ世界に存在していることがつらい

f:id:andou_harumi:20180608174139j:plain

 ○作品紹介

タイトル「おっぱいゾンビ」

原題 ZOMBIE WOMAN OF SATAN(悪魔のゾンビ女?)

制作国 イギリス

制作年 2009年

拷問時間 84分

監督という名の主犯 スティーヴ・オブライエン/ウォーレン・スピード

脚本という名の立案犯 ウォーレン・スピード

出演者という名の共犯者

ヴィクトリア・ホプキンス/ウォーレン・スピード/シーモア・メイス

クリスチャン・スティール/ビル・フェローズ/ケイト・ソウルズ

 

○あらすじ(ネタバレ)

飲み屋のサーカスっぽい6人組はネットニュースにインタビューされることになりました。座長含めた5人は前日ホテルに泊まりファンの女の子を食べ散らかして、翌日撮影場所の農場に向かいます。ですが、この農場では、ノーベル賞を狙うマッドサイエンティストが、死者蘇生の実験をしていました。実験台は息子が連れてきた大量のセフレです。このセフレたちは孤独な人生を送っているところに、息子が甘い言葉とそんなにぱっとしない顔で口説いてきたので、コロッと惚れてしまった人たちでした。娘のレッドにお願いして、こっそり薬物で朦朧とさせたセフレを、お父さんは変な薬を注入してゾンビにします。6人組が農場にインタビューに来た日もそれは変わりません。ですが、レッドがうっかり、セフレたちに配る飲み物に、ゾンビになる液体を混ぜて飲ませてしまったので、バイオハザードが起こってしまいました。ゾンビたちは、ゾンビにならなかったセフレたちを襲い、サーカス6人組にも襲い掛かります。6人組は懸命に戦いましたが、3人命を落としてしまいました。うち一人はうっかり仲間に殺されてしまいました。ですが、悪の科学者とその息子と娘二人をぶっ殺し、彼らは無事生還します。しかし、彼らは知りませんでした。悪の科学者一家にはまだ一人生き残りがいたのです……。

 

○感想

見ているのがとても辛かった。この映画と同じ時代に生まれたことをとても後悔している。なんでこんな映画を私は借りてしまったんだろう。なんでこんな映画を私は見てしまったんだろう。後悔しか残されてない。

おっぱいゾンビ。

おっぱいとゾンビというB級映画の2大目玉商品。取りあえずゾンビは安いから出しやすいし、映画の出来がどうであれ、おっぱいがあればみんな満足はする。ある意味安全な選択でも、それは同時に絶望の映画鑑賞会のファンファーレが確実に鳴り響くということでもある。

まず登場人物たちが軒並み崩壊したモラルの現代社会を体現するような、マッドな人物たちなので、目玉はついていけても脳みそがついていけない。

正直、メインのサーカス6人組の(まあサーカスかどうかはおいておいて)、主役っぽいくろっぱなの男がとても気持ちが悪い。

f:id:andou_harumi:20180608183316p:plain

ウォーレン・スピード(主演・制作・脚本家)ずっと黒い鼻をつけている※取れるよ

冒頭から視聴者を呆気に取らせる言動が目立つが、作中の人物では2番目に性欲が異常に盛んな人物である。物語がだらだら進行中、女ゾンビに襲われる。撃退した後、不意にトイレに行ったのかと思ったら、立ち小便ならぬ立ちマスターベーションでしこり出す。おかずは先ほど倒した女ゾンビ。そんなに我慢できなくなるほどの美女か?うんや、むしろ萎える方。射精する前に、なんつーかテントみたいなものに避難していたセフレの一人に見つかり、場所を変えてこの男はまたマスをかく。二回目の公開オナニーの時には、隠し持っていた仲間(座長)の写真を見ながらしこり出す。終始、この男はニヤニヤしながらアホなイントネーションで喋り、ゾンビの乳を揉み恍惚な表情をする。緊張感が全然ない。

この男が出てくるたびに幻滅する。そしてこの男は主人公だ。つまりほとんどの場面に登場する。すなわち、私は82分間ずっと幻滅していた。

f:id:andou_harumi:20180608184659j:plain

クリスチャン・スティール(息子役)

作中では一番性欲が強い人物である。メンタルが弱っている女性を手当たり次第に声を掛け、セフレにしている。セフレたちは何の疑いもなく、農村のコテージに押し込められているのが、何とも言えぬ。セフレたちの選考基準はよくわからない。それなりの美人もいるし、森三中の村上をけばけばしくさせたような女性まで。ぁぁ……女ならだれでもいいのね。ハイハイ。

こいつが最初に登場する場面は鮮烈だ。森の中の洒落乙な家が映し出されたとしたら、場面が変わり、金髪美女に高速ピストンをバックで送り込んでいるシーンが出てくる。この場面だけアダルトビデオみたいで初見ではびっくりしたよ。

この男のセックスシーンは二回ある。一回目は先ほどの金髪美女。二回目は何を思ったのか、マッドサイエンティストの父親の前でゾンビをファック。

色々なゾンビ映画見てきたけど、血まみれで呻くゾンビとファックする奴なんか初めて見たよ。もう嫌だよ。なんだよこの世紀末映画。

特に一番意味が分からない人物がこれ。

f:id:andou_harumi:20180608190031p:plain

キャシー・ポール(マッドサイエンティストの妻)

このおばさんの存在意味がまるで分からない。なんか意味ありげに存在しているんだけど。このおばさんが口にしたセリフは「ヤリタイ!ヤリタイ!」もしくはそれに準じる台詞。このおばさん、なんかトイレに鎖でつながれているんだけど、実験に失敗したセフレをなんか食べんのかな?なんかわかんないんだけど。それでなんか、ずっと騒いでいて、なんかみんなから毛嫌いされていて、なんか最後まで生き残って。

こういうレビューで「なんか」を連呼するのはよくないですね。

そんなことよりおっぱいだ。美女たちのおっぱいを見せろ!映画の出来なんかどうでもいいんだよ!この手の映画は!

おっぱいだ!

おっぱいだ!

おっぱいだ!

このブログに迷い込んできてしまった人たちもそうでしょう。確かに名作の考え抜かれた、そして時を重ねて振り返るたびにその言葉の意味を深く味わうことができる台詞のある脚本もいいけど、好きでしょう?おっぱい。(これだから男ってやーね)

さあ!薄汚いストーリーと人物造形でゴミまみれになった目玉をおっぱいで洗浄しよう!

【青少年に悪影響を及ぼすポルノ写真は都合によりカットです】

ふう・・・・・・。うん・・・・・・。

自分のおっぱい見ていた方がいいよこれ。

血まみれのルックスルもスタイルも微妙な女たちの、そんなにきれいでもないおっぱいを見るのは、泥水で目を洗うのと大して変わらないよ。

あー、しんどい。それなりにルックスのいい子に限ってブラをつけているんだもの。

ギャラをケチったのかな。これ見ると死霊の盆踊りの方がいいね、少なくとも女優のレベルは遥かに上だよ。あの映画はそもそもポルノ映画だから、ストーリーなんてなくてもいいんだしね。

 

○総評

点数-98点(100点満点中)

この映画を見るよりも自分のおっぱいを見ていた方が有意義。

長編小説『アタック・オブ・ザ・パルプシネマ』内容紹介

アタック・オブ・ザ・パルプシネマ

ゴミ映画のパロディー小説。あなたが好きなゴミ映画はあるかな?
世は世紀末。日本では過激派宗教組織『革命的cinema同盟』が大暴れしていた。
彼らは映画に準じた超能力(cinemaの能力)を使うテロ組織で、ゴミ映画の力もって日本を支配しようとしていた。
その野望を打ち砕くために、二人の男女が立ち向かう。茨城筑波から北陸新幹線にのって、石川の同盟本拠地を目指す。
・題材になった映画未視聴者のための解説付き

f:id:andou_harumi:20180501223224j:plain

 

文学フリマ販売価格:700円(Booth価格:800円)

ページ数:P302

発行者:革命的 cinema同盟

編集:岡村鉄平 執筆:オー・ハリー・ツムラ 表紙・原案: 安藤ハルミ

印刷・ 製本:ちょ古っ都工房様

初版第1発行: 2018年 5 月 25 日

andou-harumi.booth.pm

※試し読み付

内容

 

架空の日本国を舞台に、映画に基づいた超能力集団の国家転覆計画を阻止する冒険小説。ジョジョネタが多い。

本作の主人公ショショはエド・ウッド監督作に基づいた超能力を使う。相棒のコンはアタック・オブ・ザ・キラートマトの超能力者で、トマトを自在に操ることができる。

本作に登場する映画は以下の作品になる

シベリア超特急』『尻怪獣アスラ』『深海からの物体X』『デビルマン』『恐怖!キノコ男』『ファイトクラブ』『ピクセル』『死霊の盆踊り』『プラン9・フロム・アウタースペース』『牢獄の罠』『怪物の花嫁』『ナイト・オブ・ザ・グールス』

 

 

当サークルについて

 革命的cinema同盟は三人の映画マニアにより結成されたサークルです。

ボス 岡村鉄平

※2019年デルモンテ岡村に偽名を変えました。

執筆 オー・ハリー・ツムラ

原作 安藤ハルミ(私)

※2019年に伊藤チコに偽名を変えました。

全員偽名です。ブログ・ツイッターで広報を行うのが私になります。

 

主な活動は

・ネットとブログを通じて、歪んだ映画マニアを育成する。

文学フリマを通じて、歪んだ映画マニアを育成する。

この二つを主活動としています。目下、このブログでは、文フリ関係が多くなると思います。映画のレビューはツイッターアカウント@the_pulp_cinemaをご覧ください。

文学フリマでは

・評論

・創作

を販売していきます。

Boothはこちら

andou-harumi.booth.pm

Twitterはこちら 

twitter.com

 

俗にいう、『イロモノ』サークルになるかと思いますが、あんまり叩かないでね(;'∀')

 色々な映画の作品について取り上げていきますが、あくまで私たちの感想なので、真に受けないでね。私たちが『名作だ』といっても世間的には『クソ』でもあるし、私たちが『クソ!』といっても誰かにとってのかけがえのない『名作』であるのです。

 

ご意見・ご感想について、真摯に受け止めていく。これを大事にしていきます。

至らぬ点が多いと思いますが、何卒よろしくお願い致します。